京都の出版社の編集室と営業部からお届けします。
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
<< 手話・言語・コミュニケーション No.4 main 京都の江戸時代をあるく >>
節分

1月も今日でおしまい。

節分が近づいてまいりました。

京都では、吉田神社をはじめ、平安神宮・廬山寺・壬生寺・須賀神社などの寺社で、節分祭・追儺式が執り行われ、多くの参拝客でにぎわいます。

 

節分の夜、柊(ひいらぎ)の枝に焼いた鰯の頭をつけ、家の門口に飾る風習があります。

これを、鬼の目突き(おにのめつき)・鬼の目刺し(おにのめざし)などと呼びます。

鰯の頭の臭気と、柊のするどい棘で、鬼(邪気・災厄)を払います。

 

社長の家の門口には、こんな飾りが。

 

 

昼休み、社長に教わりながら、自分たちの家の分を作りました。

2017.01.31 Tuesday 11:57
季節のたより -