京都の出版社の編集室と営業部からお届けします。
Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
<< 歴史家の案内する京都 main 人権への視座 >>
社会哲学と経済学批判
雑誌『経済』No.249(2016.6 新日本出版社)の書評欄で、角田修一『社会哲学と経済学批判 知のクロスオーバー』を取り上げていただきました。※下の画像をクリックすると、大きくなります。



社会哲学と経済学批判
知のクロスオーバー

角田修一著


A5判上製 474ページ 定価:本体3800円+税
ISBN978-4-89259-772-5

自由主義から民主主義へ進んだマルクスの思想と科学は、民主主義を資本制経済の批判の基礎に置くわれわれのなかに生きている。本書は、ヘーゲルからマルクスへの社会哲学の批判的継承関係をベースに、いくつかのジャンルを越えて融合することにより、マルクス経済学理論の社会哲学的基礎と現代経済学の可能性を明らかにする。
2016.05.10 Tuesday 11:21
おすすめ本 -