京都の出版社の編集室と営業部からお届けします。
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Search
Link

Favorite
Mobile
qrcode
ものすごくうるさくてありえないほど近い

20120628.jpg

ものすごくうるさくてありえないほど近い

2011年 アメリカ
監督:スチーブン・ダルドリー

 「なぜ、空っぽの棺おけを墓地に埋めるのだろう」。11歳のオスカーは大好きだったパパ(トム・ハンクス)の死を受け入れることはできない。
 2011年の「9・11同時多発テロ事件」の日、宝石店を営むパパは、ちょうどツインタワーに出掛けて仕事の打ち合わせをしていた。もう、パパが帰って来ないことはわかっていた。けれど……。
 オスカーは、人と話すのが苦手で、あらゆることにちょっと怖がりだった。そんな息子にパパはいろんなことをしてくれた。「調査探検ゲーム」もその一つ。かつてニューヨークには6つ目の区があったが今はない。それを証明する物を探すという冒険だった。
 パパの死から、ふさぎ込んでばかりのママとはしっくりいかない。そんな時、向かいのマンションに住むおばあちゃんと無線で話をする。
 ようやく1年がすぎようとしたある日、パパの部屋で思い出さがしをしていて、過って割ってしまった青い壺。中から古びた封筒に入った金色の鍵が見つかった。black (ブラック)とメモがある。オスカーはパパのメッセージだと確信して、ニューヨーク中のブラックさん472人を電話帳で調べて、鍵穴の持ち主を探す綿密な行動計画をたてる。
 いろんなブラックさんがいた。出会いと交流があった。だが、鍵穴の持ち主は見つからない。
 そんな深夜、懐中電灯でおばあちゃんの窓にモールス信号を送った。真っ暗な部屋から返事があった。訪ねてみるとおばあちゃんは留守。しばらく前から滞在している不思議な間借り人のオジイサン(マックス・フォン・ジドー)が現れた。オジイサンは耳は聞こえるけれども、声で話すことができない。右手にはyes (イエス)、左手にはno(ノー)と入れ墨している。それでも用の足りないとき、大きな文字でメモを見せる。
 このオジイサンがオスカーのブラックさん探索を手伝ってくれることになる。オジイサンはオスカーみたいに早くも、遠距離も歩けない。オスカーは地下鉄が怖い。そんな二人の鍵穴探し…。オジイサンが話せないわけにも大きな秘密が…。
 子どもは学校に行く、パパやママは仕事に出掛ける。昨日に続くあたりまえの今日や明日を疑わない日々が、誰も想像しない巨大なできごとで一瞬に奪われる。ツインタワーのテロ崩壊も、阪神大震災も、3・11東日本大地震も。
 無数の哀しみと絶望。それぞれは、やがて、立ち上がり鍵穴探しをはじめる。失ったものを探す途方もないかの旅。それは、私たちのすべてが、いつか、人生で出会う耐えがたい喪失と向き合う旅にも重なる。
(2012年6月15日 季刊『MIMI』136号)

 本作品は、ワーナー・ホーム・ビデオで発売されました。写真提供も同社によります。 
2012.06.28 Thursday 13:41
ぷちシネマ -
1/1PAGES